映画『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』ストーリー

愛を知らなかった少年が知った、歌う喜び。今、夢の舞台の幕が上がる!

愛を知らなかった少年が知った、歌う喜び。今、夢の舞台の幕が上がる!

12歳のステット(ギャレット・ウェアリング)は、学校でトラブルばかり起こす問題児。生活に追われ酒に溺れる母親と、2人で暮らしている。

映画『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』

ステットが通う学校の校長スティール(デブラ・ウィンガー)は彼の歌の才能を見抜き、国立少年合唱団のオーディションを受けるように勧めるが、ステットは未来への希望を見いだすことが出来ず、心を閉ざしている。そんな折、突然の事故で母親が亡くなり、初めて会った父親(ジョシュ・ルーカス)からも面倒をみることを拒否されたステットは、著名だが厳格なカーヴェル(ダスティン・ホフマン)が指導する全米一の国立少年合唱団の付属学校に転校することに。

厳しい規律、クラスメイトのいじめ、初めて触れる音楽の難しさを前に、新しい生活に馴染まないままのステット。ベテラン教師のカーヴェルは、自身が過去に才能を否定されたこともあり、才能に恵まれながらも逃げてばかりの彼を認めようとしない。一方、次第にその閉塞感や鬱屈した感情がステットを奮い立たせ、ステットは歌の世界に引き込まれていく。楽譜を読むところからスタートしたステットはみるみる上達、そして、歌うことの素晴らしさや楽しさに気が付いていく。

映画『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』

あるとき、若手教員ウーリー(ケヴィン・マクヘイル)の後押しでツアー隊のオーディションを受けることになったステットは、教師たちの前で奇跡の歌声を披露する。彼の類まれなる才能を誰もが認めた瞬間だった。晴れてツアーのメンバーになったステットは、学校を代表して海外公演に参加する。ステットの歌への情熱に心を動かされたカーヴェルは、病気で倒れたリードシンガーのデヴォン(ジョー・ウエスト)の代わりにステットを指名する。極度の緊張とトラブルに見舞われながらも、ステットは素晴らしい歌声を披露し、コンサートは大成功。評判は瞬く間に広まり、開校以来最大の晴れ舞台、ニューヨーク・リバーサイド劇場でのコンサートの話が舞い込む。 だが、合唱団の花形としてのプライドを傷つけられたデヴォンの、ステットへの嫌がらせは激しくなっていく。ついに母親を侮辱されたステットは暴力事件を起こし、退学処分を宣告されてしまう。歌うことを諦めたくないステットは、退学の撤回を嘆願するが――。

映画『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』